ビジネス(営利事業)とエコロジー(環境保護)のハーモニー(調和・共生)を目指して




新潟朱鷺市は新潟県県央地区の企業が集まるBtoB,BtoC混合受発注支援サイトです。

最新記事一覧
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
CALENDAR
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<前月 2017/11 次月>>
過去の記事
プロフィール
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS

いつでも、どこでも携帯で、トキいちブログをチェック
   

お問合せ先
新潟県吉田商工会
新潟朱鷺市事務局
TEL:0256-93-2609
Mail:info@toki1.net



このページの先頭へ
    トキいちブログ-トップへ    新潟朱鷺市   
みなさま、NSTをみてくれてありがとうございました。とてもよいとり福のPRになりました。うんめ豚のお陰、みなさまのお陰です。最初のご報告の時にうちたかったのですが、ひさびさのグロブの入力方法認識不足と入力スピード脳力不足と時間不足の三拍子そろって打てませんでした。
やっとご報告できます。

なぜ、うんめ豚がNSTに出演できたか?

ホームページのお陰です。
NSGの今期開校した国際調理製菓専門学校の伊藤先生が当方のホームページの(うんめ豚)にインパクトを持たれ、電話くださいました。地産地賞をメインに開校するので県内の産物を探しておられたようです(無農薬野菜とか)。それでうんめ豚がひっかかりました。開校の学校紹介DVD製作にあたり店主 加藤福恵とうんめ豚をのせていただきました。そのとき撮影にこられたのが今回こえかけをしてくだされたNSTの宮田さんでした。その時のうちのことが頭にのこっていたそうです。縁は不思議な繋がりがあるんですね。
NSGのこえかけは、1年くらい前でした。その時は売り上げにつなかりませんでしたが、今はつながりました。
ありがたいです。


| とり福 | 17:27 | comments (0) | trackback (0) | 新潟朱鷺市 |
とり福です。お久しぶりです。皆様に聞いて頂きたいニュースがあります。NSTのスマイルスタジアム
(PM.6-7)で当店とり福の<うんめ豚>を取材にきてくださいました。女子アナの村山千代さんがこられ、
うんめ豚を店の裏側にて、焼肉にして食べて頂きました。「あっさりしていて、旨みがあって美味しい」
といいながらたべていました。ありがたいことだとおもいます。うんめ豚を、県内の方々に知ってもらう
よい機会です。米納津の豚舎も撮影にいかれました。5月27日(土)の放送で10分位扱って下さるそうです。
時間があったら見てください。


| とり福 | 21:19 | comments (3) | trackback (0) | 新潟朱鷺市 |
新着コメント
いつもおいしいお肉を頂いております。
テレビ放映楽しみにしております。
| ㈱幸輝 | EMAIL | URL | 06/05/25 18:44 | L1NpBrbQ |
とり福さん、スマイルスタジアムNSTですね。了解致しました。何時も倫理法人会では、お世話になり、感謝しております。
今後も宜しく。
| i五十嵐 茂夫 | EMAIL | URL | 06/05/23 06:20 | .NfMQxfU |
 とり福さん、先日は、急いでいてゴメンナサイ。でも、投稿完了できて、まずは、一安心。今度の土曜日の午後6時からのスマイルスタジアム NST ですね。了解しました。今度は、ゆっくり買い物に行きます。お弁当、美味しかったです。
 
| 高井英子 | EMAIL | URL | 06/05/22 22:55 | Uo4gX2KM |
 今回報告するのは、ホームページを開設して増えた取引先です。
 「うんめ豚」にインパクトを覚えたということで、来春開校するNSGの国際調理製菓専門学校のイタリア料理担当の伊藤先生から問い合わせがありました。
 とり福に来店して頂き、うんめ豚のしゃぶしゃぶと焼肉を試食して頂き「今までにこんな豚を食べたことがない」と感激され、新学校で使って頂く運びとなりました。
 新学校はスローフード(これは、イタリアのある地方から始まったことで地場の新鮮でうまい食材を使って料理しようという考え方、つまり地場の活性化につなげるという主体のようです。ゆっくり味わって食べるという意味もあるのかも…)を考え県内のこだわり食材を使って開校しようということで、一俵十万円もするこだわり米を作っている人の米、有機農法で作った野菜、いろいろとこだわりの県内産食材を使うそうです。
その中にとり福も声をかけて頂きました。確かにホームページを開設していなかったらありえなかったことです。
 学校との取引はまだ大きいものとは言えませんが、そこで育つ新しいコックさんが、やはりこの豚がいいと言って新しい客が増えるという今後の楽しみがあります。主人もこれを考慮しながら今後の豚の肥育に励みたいと言っております。
| とり福 | 13:05 | comments (0) | trackback (0) | 新潟朱鷺市 |
このページの先頭へ
    トキいちブログ-トップへ    新潟朱鷺市