ビジネス(営利事業)とエコロジー(環境保護)のハーモニー(調和・共生)を目指して




新潟朱鷺市は新潟県県央地区の企業が集まるBtoB,BtoC混合受発注支援サイトです。

最新記事一覧
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
CALENDAR
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<前月 2017/11 次月>>
過去の記事
プロフィール
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS

いつでも、どこでも携帯で、トキいちブログをチェック
   

お問合せ先
新潟県吉田商工会
新潟朱鷺市事務局
TEL:0256-93-2609
Mail:info@toki1.net



このページの先頭へ
私は、3つのポイントがあると思っています。
隠れ業や添加するものもあると思いますが、今回は基本的考察です。

おいいいお米を炊く3つのポイント
①おいしい(信頼のおける)米
②水
③釜(電気釜の場合)

①米の件は昨日のブログを参照下さい。

②水が大切なことは、皆さんご周知の通りです。
私の家では、弊社より販売中の「美水精」を通した水を使っています。
美水精は残留塩素を分解し、除菌をしてくれるものです。(宣伝になってすみません。ペコリ)
塩素が無いだけで、かなり違いが出るようです。
米を水に浸しておく段階から差が出るようです。私感ですが。
市販のペットボトルの水も使いましたが、硬質の水は、米を炊くには合わないみたいでした。

③釜は意外と重要です。(電気釜の場合です)
お薦めは、電気屋で一番とは言いませんが、値段の高い釜が良いようです。
私の家ではN社の物を使っています。
5年以上使っていますが、当時片手以上したと思います。
ある昼のテレビ番組の司会者が言っていたのを鵜呑みにして買いましたが、大正解でした。
パンを毎食買って食べるより、はるかに経済的です。
毎日食べるものですから、一番高い釜でもいいじゃないでしょうか。
※電気屋のまわし者ではありませんので、悪しからず。

米を愛する日本人としての勝手な考察です。
参考にしていただければ幸いと思います。

以上、内容はあくまで私的考察です。ご容赦下さい。

次回は、切花についての私的考察を予定しています。
ご期待?下さい。


| (株)エヌエスニラサワ | 10:00 | comments (0) | trackback (0) | お役立ち情報 |
コメント

コメントする








この記事のトラックバックURL
http://www.toki1.net/staffblog/tb.php/82
トラックバック
このページの先頭へ