ビジネス(営利事業)とエコロジー(環境保護)のハーモニー(調和・共生)を目指して




新潟朱鷺市は新潟県県央地区の企業が集まるBtoB,BtoC混合受発注支援サイトです。

最新記事一覧
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
CALENDAR
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<前月 2017/08 次月>>
過去の記事
プロフィール
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS

いつでも、どこでも携帯で、トキいちブログをチェック
   

お問合せ先
新潟県吉田商工会
新潟朱鷺市事務局
TEL:0256-93-2609
Mail:info@toki1.net



このページの先頭へ
 去る6月23日、松本賢一氏の講座の4回目が開催されました。参加者は、25人です。先回は、一つの商品でも、いろいろな伝え方がある。更には、大企業と同じ売り方は、出来ないのだから、自分だけの売りのスタイルを考えようと、講義が展開しました。

 第4回目は、それらを自分の中で決めた後、どのように表現していったらよいか、「メッセージ開発シート」に自分の商品を具体的に書いて、順序よく売りたい事柄を組み立ててみました。

 
 前半は、先生からの講義です。

①HPのレイアウトは、まず、人のページを参考にしましょう。
 グローバルメニュー
 サイド メニュー
 メニューバーは、いっぱいくっつけましょう。
 重要なメニュー・電話番号は、何箇所にも置きましょう。

②ネーミング 業界用語などで格好を付けては、いけません。
 お客様は、意味の分からないものにはクリックしません。

③サイトマップ→総合案内所→SEO的にも、
 どんなページ構成にするか図を作ってみる。

④看板 ここは、プロも苦労するところです。→ 看板が分かると、全てが分かります。
  その業界の中でも、自分は何屋なのか、写真や言葉で、伝える。

⑤色使い 意外と色で覚えてもらってるもの、高級感のある色も良いですが、安心感のある色を選びましょう。
  ページつくりは、3色まで、トーンの統一。

⑥文字、読みやすさ。3行続いたら、改行しましょう。

⑦キャッチ・コピー 中身を作った後で、キャッチ・コピーを考えましょう。
  キャッチ・コピーは生き物です。をただ単に「いいんじゃない・・・」という、友人は、どうでもいいアドバイスの人です。


⑧顧客名簿と、お客様の声は、この世に売ってないものです。
 火事の時でも、これだけは持って逃げましょう。

⑨お客様の声を、引用する。
 実名かイニシャルで、年齢と都道府県名を入れましょう。
 お客様からのコメントは、メールでもらいましょう。

⑩まずは、20ページのHPを作る。→200ページを目差す。→更に、2000ページのHPを目差しましょう。

⑪法的なことのページもお忘れなく。
   個人情報の取り扱いにも明確化しましょう。
   本当に、自社がそこに存在している証として、
   建物の写真の掲載も有効です。

以上のような、事柄がHPをつくるにあたっての留意点です。

 
 後半は、いよいよ、個々それぞれのメッセージ開発シートの作成に取り掛かりました。自分の取り扱ういっぱいの商品の中から、HP向きの売れるであろう商品を選ぶことがまずは、大変かなとも思いました。

| (有)テクノプロタカイ | 10:15 | comments (0) | trackback (0) | 新潟朱鷺市 |
コメント

コメントする








この記事のトラックバックURL
http://www.toki1.net/staffblog/tb.php/569
トラックバック
このページの先頭へ