ビジネス(営利事業)とエコロジー(環境保護)のハーモニー(調和・共生)を目指して




新潟朱鷺市は新潟県県央地区の企業が集まるBtoB,BtoC混合受発注支援サイトです。

最新記事一覧
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
CALENDAR
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<前月 2017/11 次月>>
過去の記事
プロフィール
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS

いつでも、どこでも携帯で、トキいちブログをチェック
   

お問合せ先
新潟県吉田商工会
新潟朱鷺市事務局
TEL:0256-93-2609
Mail:info@toki1.net



このページの先頭へ
 18日、お隣の三条工業会の副理事、成田秀雄氏をお迎えして、「三条工業会における、インダスマーケットの経緯と今後の発展」と題して、勉強会が開催されました。
 
 三条工業会も、WEBを使って地場産業のPRと需要の掘り起こしを展開していらっしゃいます。
 
 
 

 
 10年ほど前は、中国をはじめとする他地域との競争で、三条の地場産業全体の規模が縮小して来ていました。会員同士の情報の共有もなく三条の総合力の分析も出来なかった。

 そこで、三条の主要産業である、利器工匠具製造及び、金属加工工業などをもっと、アピールし商圏を拡大しょうという、地域情報の広域発信を考え付きました。

 しかし、当時パソコンでインターネットに接続している企業も少なく、ましてや自社の工場内を他者に見せるなんて、秘密の漏洩にもなるという意見まで出て、まずはパソコン機器の導入からの出発でした。

 その時に会員をまとめる、一人の人物の登場がありました。現在の三条工業会のワクイ専務理事さんです。ワクイ氏は、技術畑の人で、図面を読むことができます。それまで働いていた会社を退職し、自分の技術を地域産業繁栄の為に役に立ちたいと、三条工業会から、わずかな給与をいただきながら、三条インダスマーケットの設立から現在まで、携わっていらっしゃる方だそうです。

 ワクイ氏の働きかけにより、インターネット利用、HP開設への理解は進み、情報の共有化・地域ブランドの確立化・新製品の開発は、徐々に進んで来ました。

 現在は、4つのインダスマーケットを運営しています。
1 受注引き合い情報共有サイト 越後ものづくりネットワーク(営業担当)
2 インターネット広報誌 インダスプレス(広報担当)
3 Web上のアンテナショップ ショップス越後(市場調査担当)
4 新製品アイデア募集サイト インダスクラブ(用品開発担当)

 これらの、サイトから引き合いが来た時は、まずは事務局が、依頼を確認します。その引き合いに適した企業からの見積りをまた送り返し、本契約になります。その際に取引高の3%を三条工業会の手数料としてもらって、サイト運営に当てています。
 
 すべての引き合いが本契約には成りません。
 しかし、減り続けていた会員数が、サイト運営後から徐々に増えてきました。
 平成16年の開設から、19年10月までの数字は、1100件の依頼があり、500件の実見積りを返しました。うち成約は、125件です。売上げ金額は3億円です。
 
 マスコミの取材なども多くなり、三条工業会の知名度も上がっています。地域情報化モデル事業にも認定されて、サイトの信用も高まっています。これからも優れた製品を世に出し、三条ブランドの更なる確立を目指して行きたいと語り話しを結び終えられました。


   
| (有)テクノプロタカイ | 14:20 | comments (2) | trackback (0) | 新潟朱鷺市 |
コメント
茂夫さん、コメントありがとうございます。
工業の人達は、足並みがよく揃ってられて、すばらしいですね。
| 高井英子 | EMAIL | URL | 08/03/24 11:53 | vmNKLLWQ |

高井さん コメント有難う御座います。昨日の、例会は、本当に勉強に成りましたです。朱鷺市も、あやかりたいものですね。
| 茂夫 | EMAIL | URL | 08/03/19 18:58 | jdlaqxKo |


コメントする








この記事のトラックバックURL
http://www.toki1.net/staffblog/tb.php/536
トラックバック
このページの先頭へ