ビジネス(営利事業)とエコロジー(環境保護)のハーモニー(調和・共生)を目指して




新潟朱鷺市は新潟県県央地区の企業が集まるBtoB,BtoC混合受発注支援サイトです。

最新記事一覧
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
CALENDAR
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<前月 2017/11 次月>>
過去の記事
プロフィール
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS

いつでも、どこでも携帯で、トキいちブログをチェック
   

お問合せ先
新潟県吉田商工会
新潟朱鷺市事務局
TEL:0256-93-2609
Mail:info@toki1.net



このページの先頭へ
 15日風林火山ビジネスネットの事務局である、山梨県韮崎市商工会の経営アドバイザー、大久保親雄氏をお迎えして、1月の定例会が行われまして。夜の時間帯での例会は、めずらしいのですが22名の会員が集まりました。
 
 風林火山ビジネスネットは、ほとんどがBtoBで製造、工業者のサイトです。12社でスタートして、現在130社の加盟企業があります。講師の大久保氏は、山梨県の商工会職員で経営アドバイザーであります。自分の職務を追及して行く中で、商工会員の方々にもっと良いI Tの利用方法はないものかと考えていました。

  
 10年くらい前のIT革新というと、製造ラインの管理面や、事務管理の部分で、ITを利用しましょうというものがメインだったが、大久保氏は、「そうではない、企業の攻めの部分にITを活用できないだろうか、売上げを確保できたら、商工会員さん達は、嬉しいに違いない」と想い、当時まだ新しかった、「仮想工業団地」構築プロジェクトを立ち上げました。
 
 韮崎市商工会の製造業社20社で、研究会を立ち上げて、加藤先生の書物や、講演、静岡県への現地視察など、通常の仕事に加えての仮想工業団地の構築活動を開始。大久保氏は、工業部の担当で、
「HPを構築することで、販路の拡大。また受注機会の増大とともに地域製造業者の連携、活性化が図れる」と、加盟企業を募った。予定よりも1年遅れて、平成16年3月に12社で、スタート。

 講師は、山梨県連の商工会の職員も経験し、人脈も手伝って、韮崎市だけだ無く近隣の市町も、風林火山ビジネスネットのエリアに加わってもらいました。更にサイトが稼動しはじめて、山梨中央銀行さんが、たびたび、HPに訪れていることがわかり、入会を誘いってみました。すると県下の金融機関1行・2金庫・1組合が興味を示し加盟してくれました。こうなると、地域の金融機関も加盟しているサイトとなり、風林火山ビジネスネットの信用度は益々大ききなって来ました。

 講演の最後の方で、「パソコンを使ったことのない社長さん達に、パソコンの有意性や、インターネットのすばらしさを伝え、今は毎日メールを見ることが日課となった、これは大きな経営革新です。」と結んでいらっしゃいました。このほか、細部に渡るお話もお聞きしましたが、やっぱりやる気と申しますか、情熱が風林火山ビジネスネットを発展させて来たんだと感銘を受けました。
 

| (有)テクノプロタカイ | 14:00 | comments (2) | trackback (0) | 定例会 |
コメント
茂夫さん、コメントありがとうございます。
今回は、ポータルサイトの話よりも、講師、大久保氏の行動力に、惹かれました。
| 高井英子 | EMAIL | URL | 08/01/17 13:51 | vmNKLLWQ |

高井さん

何時もながら例会の発表素晴らしいです。出席出来なかった、会員の方々このメールをご覧になって、大変勉強に成ると想います。
老生嬉しいです。
| 茂夫 | EMAIL | URL | 08/01/17 10:35 | d/TWcg1w |


コメントする








この記事のトラックバックURL
http://www.toki1.net/staffblog/tb.php/527
トラックバック
このページの先頭へ