ビジネス(営利事業)とエコロジー(環境保護)のハーモニー(調和・共生)を目指して




新潟朱鷺市は新潟県県央地区の企業が集まるBtoB,BtoC混合受発注支援サイトです。

最新記事一覧
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
CALENDAR
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<前月 2017/11 次月>>
過去の記事
プロフィール
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS

いつでも、どこでも携帯で、トキいちブログをチェック
   

お問合せ先
新潟県吉田商工会
新潟朱鷺市事務局
TEL:0256-93-2609
Mail:info@toki1.net



このページの先頭へ
 先日、ご紹介した、NAMARA(ナマラ) in 吉田町で、ヤングキャベツの2人のから、人間ウォッチングの鋭さを感じました。吉田町PTAの催し物で、お笑いときいて、どんなものかと、興味をもって、128人の方が聴衆されました。

 ヤングキャベツさんは、長岡市出身の20代前半の男性2人のお笑いコンビです。旧白根市の成人式に呼ばれたり、東京の早稲田大学から呼ばれたり、保育園、老人施設など、小中学校へは、約250校へ行って、トークしているそうです。250人の校長先生と会い、250の体育館で、児童、生徒の皆さんの前で、お笑いとコミニュケーションの話をしていらしゃるとのこと。 「わたしは、児童から、金髪先生と呼ばれています。」と、言っていました。

 例として、こんな話をしてくれました。中学校では、三者面談の設定で、実際の先生・生徒・親の3人からステージに上がってもらい、その役をぐるッと回して、相手の立場にたって、コミニュケーション劇をしてもらう。その際、カツラと衣装を着けてもらい、その役に成りきること。すると、立場が替わることによって、意外な本音が聞けて、おもしろいコミニュケーションができると言うことでした。
 まだまだ、方言から、発見した、おもしろトークなど、40代の私にも、充分楽しめる、内容で、45分間夢中で、聴かせていただきました。その後、最近家族で笑ったことについて、グループ討議をして、会を終了しました。12月4日の午前中は、お隣りの燕市に、来られるそうです。20代の柔軟な発想に感心し、楽しい一時を過ごせました。
| (有)テクノプロタカイ | 21:17 | comments (0) | trackback (0) | 新潟朱鷺市 |
コメント

コメントする








この記事のトラックバックURL
http://www.toki1.net/staffblog/tb.php/141
トラックバック
このページの先頭へ