ビジネス(営利事業)とエコロジー(環境保護)のハーモニー(調和・共生)を目指して




新潟朱鷺市は新潟県県央地区の企業が集まるBtoB,BtoC混合受発注支援サイトです。

最新記事一覧
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
CALENDAR
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<前月 2017/11 次月>>
過去の記事
プロフィール
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS

いつでも、どこでも携帯で、トキいちブログをチェック
   

お問合せ先
新潟県吉田商工会
新潟朱鷺市事務局
TEL:0256-93-2609
Mail:info@toki1.net



このページの先頭へ

新潟朱鷺市と吉田町商工会の異業種交流会は合同でIT研修を行いました。

 最初に向かったのは、「電通」。昨年の「Yahoo」同様、厳しいセキュリティーで守られた要塞といった感じの入り口である。
電通では、既に生活の一部になっているインターネットの重要性を中心に説明を受けた。電通らしく、リサーチに基づいた、わかりやすい説明で、今後もインターネットの重要性は増して行くことが実感できた。
「インターネットなんかうちには関係ない」と思っている事業主に聞いていただきたい内容でした。
 電通の後は「とうふ屋 うかい」で昼食。
 「とうふ屋 うかい」は山形より築200年の造り酒屋を移築して、飛騨高山の匠たちにより造りあげられた建物だそう。
 「とうふ屋 うかい」では、第四銀行横浜支店の泉田支店長をお迎えし、「ビシネスマッチング」をテーマに意見交換をしました。

昼食後、10月にオープンしたばかりの「三井越後屋ステーション」に向かうが、あいにくの雨で道路が渋滞して、到着した時には既に出発の時間。
その後、地下鉄で「Apple Store, Ginza」へ向かい、「iPodとiTunesワークショップ」に参加。地元燕でiPodの筐体の磨きをしていることもあり、ワークショップの後、iPodを衝動買いする姿も見られた。
新潟朱鷺市会員でもある株式会社カンダ様のご好意で「赤坂璃宮 銀座店」で夕食。この日のために香港まで買い付けにいったという食材で田舎者にはもったいないほどのごちそうをいただいた。
赤坂璃宮のオーナーシェフであり、株式会社カンダの商品アドバイザーでもある譚 彦彬(たん ひこあき)総料理長から料理の説明を聞き、子豚の丸焼きを専門のコックがさばき、目でも料理を楽しみながらしばし、浮世離れした至福のひとときを堪能した。

 その後はトレンド視察。視察場所は今、はやりの「マジックバー」
店員と思いきやマジシャン。マジシャンと思いきや店員と、異次元空間に酔いしれました。


27日は、セレブな奥様達はどこにお金を落とすのかツアー。


まずは、おしゃれな街の代名詞「自由が丘」
自由が丘商店街振興組合でその取り組みを聞いた。ガイドブック、ホームページ、店舗とうまく連携し、その相乗効果で成功している。また、見えないところでも草の根運動でイメージアップに努めているところなど、一朝一夕に築き上げられたものではないところに関心した。


次にやってきたのが「二子玉川」通称「にこたま」。
こちらは40年前に入念な調査と予測により誕生した巨大ショッピングモール。「自由が丘」同様、田園調布など裕福な住宅地に隣接しており、セレブな顧客に支えられて発展したきた。東神開発のその先見性と実行力には脱帽である。

途中、巨大ショッピングセンターの中で片力商事のスプーンを使っているカレー屋さんを探して迷子になったものの、無事カレー屋さんも発見できたし、大きなトラブルもなく最後の昼食へと向かった。

 27日の昼食は「鎌倉山」
| ミリヤム新潟 | 22:57 | comments (3) | trackback (1) | 新潟朱鷺市 |
コメント
加藤先生

㈱水野の晶子です。
この研修旅行で私自身が一番学んだこと、
それは「変化するものが生き残る。
強いものでも賢いものでもない。」という
ダーウィンの言葉に象徴されるものでした。
| 晶子 | EMAIL | URL | 05/10/31 18:35 | Up4WoVsg |

加藤先生が日頃からおっしゃっているようにネットでビジネスをするには「東京」を意識していないといけないと思います。今回参加した皆さんはそれを肌で感じることができたのではないでしょうか。
| ミリヤム新潟 | EMAIL | URL | 05/10/29 23:48 | K3XU4JPM |

加藤です
 凄いハードな研修旅行ですね
 フォー!

 皆さん、何を感じられたのでしょうか
| 加藤忠宏 | EMAIL | URL | 05/10/29 23:24 | rEaDQqz6 |


コメントする








この記事のトラックバックURL
http://www.toki1.net/staffblog/tb.php/118
トラックバック
目で楽しむ
お料理は舌で味わう他に目で見ての楽しみもあります。 この写真は、先日東京研修旅...
| やさしいキッチンツール晶子日記 | 05/10/31 18:20 |
このページの先頭へ