ビジネス(営利事業)とエコロジー(環境保護)のハーモニー(調和・共生)を目指して




新潟朱鷺市は新潟県県央地区の企業が集まるBtoB,BtoC混合受発注支援サイトです。

最新記事一覧
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
CALENDAR
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<前月 2017/11 次月>>
過去の記事
プロフィール
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS

いつでも、どこでも携帯で、トキいちブログをチェック
   

お問合せ先
新潟県吉田商工会
新潟朱鷺市事務局
TEL:0256-93-2609
Mail:info@toki1.net



このページの先頭へ
    トキいちブログ-トップへ    新潟朱鷺市   
総会での承認を受け、規約の一部を改正いたしました。
| WebMaster | 20:43 | comments (0) | trackback (0) | 新潟朱鷺市-更新履歴 |
今日は吉田下中野神社の春祭り宵宮である。今年は我が班が当番として大幟を立てたり大灯篭を掲げたり、社殿にこもって参詣者に接待したりする。幟を立てるのが大仕事で、経験者の助言を得ながら町内役員と班員が一致協力して立てる。6年に1回回ってくる当番で、準備の手順など記憶が薄れて、難航することが多いがそれが又一致団結の心を育てている。午前6時前から着手したが小さなトラブル続きで、出勤に間に合わなくなりそうな若者は離れていった。時間に自由な私は、力仕事にも参加した。幟も灯篭も立派に立ったが、私の疲れや痛みは明日になると出るだろう。幟の文字は力強い。その傍の灯篭の文字は筆耕の仕事柄私の役割だった。新しい特大の筆で一気に書いたのだが、まだ弱弱しいのは性格が現れているのだらう。灯篭の裏側には川柳や人生訓が書かれている。参詣する老若男女は、それを読んだりするのも楽しみにしておられる。明日は境内で子ども会のイベントや婦人部の踊りも披露されて例年より一層にぎわう。又信仰心の篤い人々の参拝で、浄財もかなりの額に達するようだ。
| 中・日英会話研究室 | 15:54 | comments (4) | trackback (0) | ひとりごと |
新着コメント
下中野の神楽舞は確か無形文化財か何かに指定されていたのではなかったでしょうかね?
こんなに近くに住んでいながら、一回も見たことが無いのは何とも残念です。
| 晶子 | EMAIL | URL | 06/04/14 10:51 | jv.wqMck |
高井さんご夫妻:お忙しい中、早速のコメント有難うございました。下中野の団結と人情は数百年の歴史をもつ伝統の「神楽舞い」によるものと思います。その後、いち早く工場団地・住宅団地・大型スパーの造成に協力、今又「新燕市」の中心地区の役割を担おうとしています。その意気込みは子ども会やPTA・各種団体に現れています。国道116号の脇の神社で、桜が美しい境内ですから、脇目運転でなくとも十分鑑賞が出来ます。自宅はその近くです。私は下中野にとって「新人老人??」なのですが、ゲートボールや老人クラブの仲間に入れてもらい喜んでいるところです。
 この度のブログ投稿もがむしゃらで相変わらず「難航?」しました。しかし、今日これから丸山PCスーパーマンと御一緒するチャンスに恵まれましたので、耳学問を通してでも何かを得て来たいと思っています。
| ミヤジ・ミノル | EMAIL | URL | 06/04/14 08:58 | jdlaqxKo |
ミヤジさんの地域での活躍が感じられます。
下中野の諏訪大社のお祭りは、春に行うんですね。きっと農繁期の無事を祈った祭りなんでしょうね。ちなみに私の住む佐渡山の諏訪大社のお祭りは、8月26日でしたが、今は、8月の第4土、日で行います。そもそも農作物の収穫前の豊作祈願だと思いますが、本来の祭りの由来を知る人が、私の知る限りではいなく、ただ毎年同じことを仕方なく行っている祭りに感じます。どんな祭りでも、きっと意味深い祭りの意義があるのでしょうが、その意味も誰も知らないことに、地域における人間の関わりの深さと、情の深さを感じてしまいます。ミヤジさんが住む下中野の祭りは、きっと意味深いものなんでしょうね。もし分かれば教えてください。ではでは。
| 高井一利 | EMAIL | URL | 06/04/13 18:45 | 7kom5./Y |
下中野は4月14日が、集落の春祭りですね。今朝は、晴れていたので、準備には、よかったですね。皆さんの用意してくださった、灯篭に、命を吹き込む活字書きの役目は、緊張されることと思います。我が佐渡山大祭(秋祭り)でも、少々話題になりますね。
 飛び切りの春らしい話題でと写真で、忘れていた、子供の頃の農村の春の風景を思い出しました。ありがとうございました。今年も、いっぱいお米が実りますように。
| 高井英子 | EMAIL | URL | 06/04/13 18:36 | 7kom5./Y |
このページの先頭へ
    トキいちブログ-トップへ    新潟朱鷺市