ビジネス(営利事業)とエコロジー(環境保護)のハーモニー(調和・共生)を目指して




新潟朱鷺市は新潟県県央地区の企業が集まるBtoB,BtoC混合受発注支援サイトです。

最新記事一覧
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
CALENDAR
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<前月 2017/11 次月>>
過去の記事
プロフィール
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS

いつでも、どこでも携帯で、トキいちブログをチェック
   

お問合せ先
新潟県吉田商工会
新潟朱鷺市事務局
TEL:0256-93-2609
Mail:info@toki1.net



このページの先頭へ
    トキいちブログ-トップへ    新潟朱鷺市   
昨日3月4日ー中小企業同友会燕支部特別企画にて、県の役員も、しておられる、(株)吉田工業社長にて、朱鷺市会長、吉田さんの、呼びかけにて、燕支部長、霜鳥さん、初め、幹事、石井さん
5組の夫婦、10人と、4人の男子会員総勢、14人、3台の車に便乗して、笠堀ダムの、手前,下田大谷地知内ー「山河」さん、に行き、表記の、そば打ち体験した。プロの方の指導にて、各自が,子供に戻り、打った、そば、を、店の方に 、ゆでて、いただく、その間ビールで乾杯(かじか酒)(いわな酒)山菜の、箸休め、を肴に、談笑、そのうちに、山菜のてんぷら、かじか、のてんぷら、そば、がゆだり
雉汁にて、盛りそば、を食する、私は、少年の頃、約70年前頃、親父の仕事の関係にて、10年間福島市の山裾電気の無いランプ生活をした経験があり、夕飯は、そば、がき、だんご汁が常食でした。昨日の最後に出た、山鳥の汁にての、かけそば、ほんとうに、何十年ぶりにて、食し感動致しました。同席の猟師の方が、話して居られたが,この辺でも、山鳥の雄はめったに、捕れない、そうです。
吉田社長さんの、顔にて、私共同友会仲間は,幸せの一日でした。帰りは奥様方の運転にて、集合場所リサーチに帰り解散。この、幸せを、朱鷺市並びにい、異業種交流会のメンバーの皆さんと来れたらなーと、感じました。

| (有)五十嵐金型工場 | 09:00 | comments (1) | trackback (2) | 新潟朱鷺市 |
新着コメント
4日朝は、久しぶりの雪でしたが、寒くはございませんでしたか。夫も私も、それぞれ用事がありまして、参加できませんでした。ブログを読んで、楽しそうな、皆様のお顔が、浮かんできました。次の機会には、是非参加したいです。
| 高井英子 | EMAIL | URL | 06/03/06 10:42 | 7kom5./Y |
このページの先頭へ
    トキいちブログ-トップへ    新潟朱鷺市