ビジネス(営利事業)とエコロジー(環境保護)のハーモニー(調和・共生)を目指して




新潟朱鷺市は新潟県県央地区の企業が集まるBtoB,BtoC混合受発注支援サイトです。

最新記事一覧
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
CALENDAR
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<前月 2017/08 次月>>
過去の記事
プロフィール
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS

いつでも、どこでも携帯で、トキいちブログをチェック
   

お問合せ先
新潟県吉田商工会
新潟朱鷺市事務局
TEL:0256-93-2609
Mail:info@toki1.net



このページの先頭へ
こんにちは加藤昌樹です。
今日も「想念実夢」ブログいってみましょう!



先日取材の行われたマーケ塾の記事が新聞に

掲載された。

経営者や後継者、そしてこれから起業をする人に必要な知識を

小学生でもわかり易く解説するをテーマに始めた「簡単!マーケティング塾」の活動を始めて早3年。

最初の年は塾生はわずか3名。今年は16名。

もちろんマーケティング初心者からベテランまで自社の業績アップを真剣に考える経営者の方々が熱心に勉強している。

ある企業は社員教育にと、一社で数名参加頂いている。

このマーケ塾は全11回の講座。どの回の講座から参加しても、11講座で卒業できるようになっている。

高価なコンサルタントに依頼するより安価で継続性のある知識が得られると口コミで広がっていった。

でも、まだ16人。目標は一講座30名。もっともっと経営者のお役に立てたい。

この講座を主催している新潟ビジネスアカデミーは現在登録者65名。
サラリーマンから起業希望者、そして、大企業の経営者の方々にご登録頂いている。

但し、地元企業は少ない。どちらかと言うと私自身が県内よりも県外の知名度が高いせいだと思うが、もっともっと地元企業に対して活性化のアイデアを提供して行きたいと思う。


☆お知らせ☆

小学生でもわかる業績アップのヒントを解説
簡単!マーケティング塾 第5講
「業界地図を塗り替える!自社の強みを最大限に活かすUSP講座」
参加者募集!残席3名!

7月25日(水) 15時~17時
三条商工会議所にて
参加費 一名5,250円

こんな方に最適です。
「自社の強みがわからない・・・。」
「広告やチラシで反応がない・・・。」
「ライバルが多くてどうしていいのかわからない・・・。」

今の現状を打破するには自社の強みを発見して、ライバルと差別化するしかありません。

この講座に参加するあなたのメリットのホンノ一部をご紹介すると・・・。
・業界地図を塗り替える自社の強みが発見できる。
・顧客視点で考える事により、チラシ・DM・HPの反応を上げる事ができる。
・売るための効果的なキャッチコピーの作り方がわかる。
・ライバルを蹴散らす「商品三次分析」とは・・・。
など・・・。

但し、会場の都合で席数に限りがあります。定員16名。
現在一般参加枠残席3名。

お申込は今すぐ↓にて

簡単!マーケ塾参加申込はこちらをクリック
| 加藤昌樹 | 14:54 | comments (0) | trackback (0) | ひとりごと |
 最近、瀬戸内寂聴さんのCDを聞いています。聴いていてなぜか、スッと気が楽になるところがあります。CDは12枚組なので、なかなか聴き応えがあります。なぜ、気分がスッとするのか、良く考えてみると、人間がいえない本音を、チラッとはっきり言うからでしょう。自分の気持ちの代弁者となっているから、人を引きつけるのだと思います。

 同じような有名人として思いつくのは、女性では、細木カズコさん。男性では、綾小路キミ麻呂さん、毒蝮三太夫さんなどが、似ている話方をしています。聞く人によっては、失礼な話をする人達と、くくられてしまうかもしれません。しかし、聞きながら、笑い飛ばせたり、「うんそうだ!」と消化できる人も多いはずです。人それぞれ、いろいろな考えがあっていいし、年齢や時代とともに、評価も別々でしょう。私自身は、寂聴さんの話を聴いて、心に潤いを感じているところです。

| (有)テクノプロタカイ | 16:48 | comments (0) | trackback (0) | ひとりごと |
シリコンスプーン ピティ弊社が介護用と銘打って売り出している商品にシリコンスプーンのピティがあります。
こちらの商品が雑誌で紹介されることになったのですが、その紹介ではなんとお菓子づくりのアイテムとして紹介されるらしいです。
もちろん「お菓子作りにも!」と台紙に小さく書いて有りますが、弊社では介護用としての販促が主だったために、少々驚いてしまいました。
そんなわけで、ホームページでも介護用の紹介しかしていないのですが、雑誌が出る前に「調理用」とか「製菓用」とか言ったキーワードも盛り込んでいかないといけないのでは?!と気がついた次第です。

常に色んな側面から、客観的に自分の商品を眺めないといけないですね!
(と、加藤先生の講演でも何度か耳にしている言葉ですが・・・!)
商品というのは売り側の手を離れた途端に、様々なところで密かに活躍していたりするのだなぁと考えさせられた出来事でした。
| (有)片力商事 | 17:38 | comments (0) | trackback (2) | ひとりごと |
おやすみ羊すっかりブログ当番だったのを忘れてまして、慌てて書いてます。
この写真は円座クッション。
弊社では雑貨の卸もしてるので、ついつい見てたら買ってしまいました。
今は職場の椅子の上でわたくしのお尻を守ってくれてます。
可愛いので座るのにほんのちょっぴり抵抗がありますが、見るたびにほのぼのしてしまいます。
忙しい中でも、少しでも楽しく仕事が出来たらいいですよね。

皆様はそんな職場にこっそり置いてる心和むアイテムありますか?
| (有)片力商事 | 12:55 | comments (0) | trackback (0) | ひとりごと |
28日から30日の花火まで吉田祭りが行われました。30日の花火は新燕市誕生の記念とかで5000発の花火が華々しくあがっていましたね。
私も分水から帰路で田んぼの横に車を止めてしばらく見ていました。

祭りはご協力いただける役員さんや町内のPTAの皆さん、また忙しい習い事の合間をぬって遅くまで踊りや出し物の練習をした子供達によって成り立っています。かくいう私も今年はPTAでの参加にあたっていました。・・

ところが、夜の部に備えて山車を引っ張らなければいけなかったのを何かの手違いで参加できず後からみこしを積んだトラックに載せていただいたのですが、悪いことに道中暑いなか、他のPTAさん達が山車を引っ張っている横を通ってしまったものですからバツが悪くて。。。皆さんゴメンナサイ。
失敗はこれにとどまらず、ビジョン吉田からの帰り子供達と一緒にトラックに乗って町内まで帰るべし所、見事に積み残し、置いていかれました。
その後どうやって帰宅したかはご想像にお任せしますが。誠にドジな一日となりました。それでも祭りは滞りなく終わって見事な花火で有終となりました。
来年は役員ですので夫婦で祭りを盛り上げようと・・今から妻にはっぴ姿が似合う体形にしておくようにと・・・・こんなこといったら?やっぱりやめときます。

ちなみに県央ドットコムでは祭りの写真が見れます
| (株)幸輝 | 20:11 | comments (2) | trackback (1) | ひとりごと |
新着コメント
吉田社長様
コメント有難うございます。おわかりかと思いますが、写真は私が取ったものではありません。県央ドットコムのサイトで祭りのニュースが掲載されています。そこのフォトアルバムのものです。
こんなにきれいに取れれば・・・
| y.sakai | EMAIL | URL | 06/08/01 11:20 | aJ01QqQM |
花火の写真大変良く取れていますね。
こんなにタイミングよく取れているということは、本人花火はあまり見ていないのではと心配致しました。山車の風景も私は駅前しか見ておらず、駅前はあまりにも観客の少なさに祭りの今後を心配しておりましたが、ビジョン駐車場ではかなりの盛況でほっと致しました。
| 吉田徳夫 | EMAIL | URL | 06/08/01 09:05 | MXl/u5Qk |
先ほど投稿したラッピングの写真、1枚目と2枚目を同じ写真を載せちゃった!!
ホント、私ってなんてドジなのかしら…?
いまさら言うまでもなく、朱鷺市の皆さんはご存知だと思いますが・・・

もうじき11時になろうとしているこの時間、せがれもいないし、丸山さんにSOSの電話をすれば迷惑だし・・・
エーイ、思い切ってもう一度写真を投稿しなおします!



3枚目にはこの写真が使いたかったのです。
ほんとうにドジで間抜けな晶子でした。
| (株)水野 | 22:42 | comments (2) | trackback (0) | ひとりごと |
新着コメント
くりちゃん
ハイ、ほんとうに私はドジで間抜けです!

包装紙やリボンはどういう人にどのような目的でお送りするのかをお聞きして、それに合わせて選びます。

「綺麗な手をしてる人だなぁと見入ってました。」・・・うふふ、「ひーさん」に早速教えてあげます。
きっと喜びますよ。
| 晶子 | EMAIL | URL | 06/07/07 09:52 | x5JqIVSs |
ドジさを素直に認めるなんてすばらしい!
 出来た人じゃないと中々そうはいかねぇよ
贈り物の商品によって包装紙、リボンをかけ替えてやるとゆう気配りがとってもいい感じ!
 もっとも私は間違いに気付かなく、
綺麗な手をしてる人だなぁと見入ってました。
| くりちゃん | EMAIL | URL | 06/07/07 09:22 | FPraZpEA |
今朝近所の篤農家の屋敷で撮影しました。毎年見事に咲き、私を驚かせます。畑に数歩踏み込んでの撮影なので、一声掛けてからの撮影でした。この紫の花はなんという名前でしょうか?クイズをしているのではありません。どなたか教えて欲しいのです。

| 中・日英会話研究室 | 15:21 | comments (2) | trackback (0) | ひとりごと |
新着コメント
ありがとうございました。植えておられる方も名前を忘れたんだそうです。さすが、まだ見ぬ栗林さんのお庭が目に浮かぶようです。
| ミヤジ・ミノル | EMAIL | URL | 06/06/25 17:31 | d/TWcg1w |
紫の君 
 間違ってたらごめんなさい。
ねぎ科の種類でアリアムリ-キでは無いでしょうか?
ネギの頭にボンボンの花が咲きます。
茎を折ってみるとネギの匂いがします。
綺麗なので生け花に使われるそうです。
家には白い花が咲きます。
| 栗林 | EMAIL | URL | 06/06/23 17:12 | FPraZpEA |

ぶんげい・げんちょう第18号、今年の3月1日に発行されたものである。1年に1回の発行で18年間続いたことになる。私は最近この本の贈呈を受けて読ませていただいた。すばらしい内容で送り主に礼状はお出しした。題字の筆は「前燕市長・高橋甚一氏」。達筆である。発行は燕市教育委員会、市民公募による文芸作品集である。
 燕市に合併したご縁で、同窓生の一人から50年ぶりともいう声がかかった。その後急速に文通が始まった。内容はこの本が示すように文芸に関する分野である。私は「中・日・英語にかかわる筆耕業」ということでもあり、有り難いお誘いであるが、高齢でこれからの活動は無理だと自己判断している。しかし、折角なので1回は懇談会の席に出させていただこうと思っている。新・燕市のあらゆる分野で交流や一体化が進むと思うが、人的交流こそ急務ではないかと感じている昨今である。
 「げんちょう・玄鳥」とは「燕・ツバメ鳥」のことであるという。表紙の隅にでも「燕市民文芸作品集」という文字がほしいと思った。昨日はブログの当番の日であった。予定した内容とは違った、一日遅れの投稿である。
| 中・日英会話研究室 | 14:47 | comments (0) | trackback (0) | ひとりごと |
このページの先頭へ